人間が毛深くなる理由は!?毛深いを無くすには?

人はなぜ毛深くなるのか

周りの人と比べてもなんで自分だけ毛深いんだと、そんな悩みをもつ人も多いと思います。身体が毛深いということは薄毛と同じくらい、コンプレックスをいだきやすい問題です。

毛深いことに深くかかわっているのは二つあり、「先天性の遺伝」と「「後天性のホルモンバランス」です。先天性とは生まれつき備わっているという意味で、自分の両親だけでなく、祖父、祖母が毛深かった場合、その遺伝子が受け継がれ、毛深くなってしまうことがあります。年を取ったら全体的にムダ毛が減少するので、おじいちゃんやおばあちゃんが若いころに体毛で悩まされていたということもあるでしょう。そして、もう一つの理由が、生まれた後から身に付く、後天性のホルモンバランスの変化です。

男性ホルモンが多いと毛深くなる

人間には男性ホルモンと女性ホルモンがあり、性別に関係なくこの両方のホルモンが人間の中に存在しています。基本的に男性ホルモンは男らしい体を作ったり、体毛に関して深く関わりがあるので、男性ホルモンが多いとムダ毛の育毛を助長し、体毛が濃くなります。女性ホルモンは頭髪に影響があり、体毛がどんなに濃くても、頭部が薄くなってしまうのはこのためです。また、女性ホルモンは体毛やムダ毛を抑制する働きがあるので、分泌量のバランスが体毛の多さに深く影響しているのです。

なので、毛深いを解消するには「ホルモンバランスを整える」「脱毛する」と言うのが主な解決法と言えるでしょう。ストレスや睡眠不足や栄養不足は、ホルモンバランスを乱す恐れがあるので、気を付けなければなりません。また、遺伝による毛深さというのは、解消するのがなかなか難しいです。全身の永久脱毛することで、解決する方法もあります。

ムダ毛の処理をする人は増えていますが、VIOの脱毛をエステティックサロンで行うことで、蒸れることがなくなり清潔な体を維持できます。

You Might Also Like