シミ対策は予防から!紫外線を避けて生活でケアしよう

そもそもシミとは何?

ニキビやシワ、くすみなどと共に、常にお肌の悩みとしてとりあげられるのがシミです。その原因は過剰なメラニンによって、肌に色素沈着したものをシミといいます。メラニンはもともと紫外線から肌や健康を守る役割を果たし、通常は肌のターンオーバーと共に排出されていきます。ところが、紫外線などの肌への刺激によってメラニンをつくるメラノサイトが活性化し、メラニンが増えすぎてしまうことがあるのです。つまりシミ対策としては、紫外線の刺激をはじめ、洗顔時や肌へ触れる際の過剰な摩擦などを避けることが大切です。そして、正常な肌の新陳代謝を促すための日常生活でのケアも重要といえます。

徹底して紫外線を避け、生活上のケアも同時に!

紫外線は春先から夏、秋口にかけて多くなるといわれていますが、実は一年中降り注いでいます。こうした紫外線を予防するには、日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子や日傘などを用いる、また肌の露出を減らすなど何より、日常での工夫が大切になります。
また、肌の代謝(ターンオーバー)を正常に保つためには、ストレスを溜めず、食生活や睡眠などの生活習慣を整えることが必要です。栄養素としては、ビタミンCやEなどを含む食品を積極的に摂りましょう。シミ対策の化粧品では、ビタミンC誘導体などメラニンの抑制効果や肌の機能回復を促す、いわゆる美白成分を持つものが有効といわれています。
現在は、シミの治療として美白効果のある高濃度クリームなどの薬品や、レーザーなどもあります。しかしまずは、アンチエイジングにもつながる、これまで述べたような日常でのシミ対策を心がけることをおススメします。

年齢と共に皮膚の表面に現れるシミは特に女性にとっては大きな悩みで、様々な美肌液が紹介されていますが、肌に合わない場合も有ります。そこでビタミンC等を食品として吸収するアンチエイジング対策がお勧めです。

You Might Also Like