同じ姿勢を続けていない?目が影響している可能性もあるよ!!

同じ姿勢を取り続けているとなりやすい

病気やけがをすると、強い痛みが出て生活どころではなくなります。病院で治療をするでしょう。そこまでの痛みでなく何となく気になる、だるさがある程度だと病院に行ってまで治療しようとしません。しかし、何も対策を取らないとどんどんひどくなるかもしれません。肩こりは、病気やケガのような痛みではありません。何となく気になるが、そのままにしがちの症状です。原因の一つとして、同じ姿勢の継続があります。デスクワークの仕事をしている人に多いですが、工場などでも同じ動作を繰り返しているとなりやすいです。販売員なども同じ姿勢で接客をしているとなるかもしれません。解消するには適度に肩をほぐすと良いでしょう。1時間に一度は肩を動かすようにしてみましょう。

眼精疲労や合っていないめがね

1日中仕事をしていると、徐々に疲れが出てきます。結構出やすいところとして目があります。ぼやけてきたりするので、パソコンに顔を近づけて確認したりします。この状態が続くと、体のある部分に影響するとされています。それは肩こりです。目と肩は直接関係がなさそうです。でも目が見えにくい状態が続くと、それが肩に影響を与えてしまい、症状として肩こりが出やすくなります。眼精疲労以外には目に合わない矯正具の影響があります。眼鏡やコンタクトレンズを使うとき、度が強すぎたり弱すぎる状態だと筋肉が緊張しやすくなります。それが原因で肩こりが出やすくなります。眼科などで視力検査をして、今の視力に合う矯正具を利用してみましょう。改善するかもしれません。

肩こり 注射は、トリガーポイントという押すと痛いつぼに局所麻酔を注入して痛みを軽減させる保険適用の治療です。

You Might Also Like