これだけは知っておきたい!薄毛治療のタイプ

皮膚科や内科での治療

抜け毛やAGA治療を行う病院は数多くあり、皮膚科からAGA治療専門クリニックなどタイプも異なります。皮膚科や内科などの治療内容は、主にプロペシアやミノキシジル等のAGA治療薬が処方されます。治療の流れとして診察・問診の後、AGA治療薬の処方となるのが一般的です。専門クリニックと比べ、簡易的な流れだと言えます。その分、治療コストを低く抑えられるので、治療に費用をかけたくない人に向いています。皮膚科や内科で治療を受ける際には、ドクターの知識や実績を確かめることも大事です。

プロペシアとミノキシジル

プロペシアはAGA治療薬として、世界的にも有名な薬です。抜け毛やAGAの原因となる、男性ホルモンの生成を阻害する働きが有ります。それによって、抜け毛やAGAの進行を妨げることが期待できます。ミノキシジルも有名な治療薬で、体内の血管を拡張する働きがあります。それによって血流が促進され、髪の毛に栄養が行き渡る効果が期待できます。通常のAGA治療では、プロペシアとミノキシジルが併用されます。互いの相乗効果によって、高い改善効果が得られることが分かっています。

AGA治療専門クリニック

美容皮膚科や整形外科の場合、皮膚科や内科の治療とは若干異なる方法が採られます。先ず挙げられるのが、治療設備が整っていることです。AGA検査専門の機器も導入されており、薄毛の原因と特徴を明確にできます。治療に関しても育毛メソセラピーやオリジナル治療薬、そして植毛手術など幅広い選択肢があります。そして、さらにAGA治療に特化したのが、AGA治療専門クリニックです。詳細なAGA検査に加えて、患者に合った治療薬や育毛剤などを適用することができます。

薄毛の治療で特に人気を集めているのは植毛です。植毛には2種類あり、自分の髪の毛を使う自毛植毛と化学繊維を使う人工毛植毛があります。

You Might Also Like